ヴェルナッツァ

ハロウィンの吉田翔一です。

何年も前からこの街に憧れていて、ついに訪れることがでた「ヴェルナッツァ」。

きっかけは4年前の野村不動産の15段新聞広告。

IMG_8271

デザインの勉強のため、何気なくめくっていた新聞。

その際、この広告を見つけ、いつかこのカラフルで幸せそうな景色を自分の目で見に行こう。

っと夢を持ったのがきっかけです。

住人は1,000人にも満たなく、カラフルな町並み、水平線が続く海、漁船が並ぶ港、

たくさんの猫や犬、活気のある人たちが温かく迎えてくれるヴェルナッツァ。

同じ高さで、同じ景色を見た瞬間、鳥肌が立ち、思わず涙目になりました、、、

夢が叶った、最高に幸せなヴェルナッツァ。

僕も誰かに夢を与えられるデザインができるように、

これからも頑張ります!

IMG_2369 IMG_2384 IMG_2420 IMG_2451 IMG_2457 IMG_2459 IMG_2464 IMG_2466 IMG_2498 IMG_2506 IMG_2510 IMG_2544 IMG_2548 IMG_2591 IMG_2594 IMG_2604 IMG_2607 IMG_2629

シエナ

ハロウィンの吉田翔一です。

次はこの街、トスカーナの世界遺産「シエナ」。

フィレンツェからほんの1時間ほどのところに位置してます。

世界一、美しいと称される扇形のカンポ広場。

広場を見下ろし天を突くレンガ造りの鐘楼「マンジャの塔」。

絵の具で書いたような建物・町並みの赤茶色のシエナカラー。

細い路地や階段を歩いていると、まるで中世に迷い込んだようです。

IMG_1845 IMG_1850 IMG_1874 IMG_1880 IMG_1915 IMG_1955 IMG_1996 IMG_2005 IMG_2014 IMG_2045 IMG_2071 IMG_2117 IMG_2119 IMG_2138 IMG_2179 IMG_2183

 

フィレンツェ

ハロウィンの吉田翔一です。

次に訪れたのは花の都「フィレンツェ」。

移動中に友人が財布をすられるといったハプニングも起き、、

異国の洗礼を受けました。。。

フィレンツェは、美術史ファンにとって夢のような街です。

アカデミア美術館には、ミケランジェロの作品が多数展示されていました。

オレンジ色で統一された建物の屋根を高台から眺める風景は絵画のように美しく、

山手の裏路地を散策すると、何とも言えない、ゆったりとした時間が流れています。

意外と知られていない、フィレンツェの面白い道路標識のデザイン。

こんな所にまで遊び心を持たせているからこそ、

より一層ワクワクさせてくれるんですね。

また、この地方ならではのトスカーナ料理、、、これまた絶品ですよ。

IMG_1187 IMG_1245 IMG_1257 IMG_1258 IMG_1311 IMG_1362 IMG_1432 IMG_1467 IMG_1477 IMG_1498 IMG_1548 IMG_1571 IMG_2208

ローマ

ハロウィンの吉田翔一です。

お仕事の関係もあり、これを良い機会にイタリアに行ってきました。

最初に訪れたのは歴史の街「ローマ」。

うん、想像以上に凄い。

コロッセオや凱旋門など、教科書や映画で見たままの風景があふれる街。

「ローマは、一日にして成らず」「すべての道はローマに通ず」……

これら数々の格言は、かつての栄光を物語っていました。

古代遺跡、カトリックの総本山として世界に君臨するヴァティカン、スペイン階段、テヴェレ川。

それらは古代から現代が混ざり合った、独特な世界観を造り上げています。

どこを歩いても装飾だらけで、街が美術館。

また訪れることができるようにトレビの泉にコインを1枚投げてきました。

IMG_0796 IMG_0806 IMG_0837 IMG_0867 IMG_0902 IMG_0963 IMG_0968 IMG_1058 IMG_1120 IMG_1124