私目線

耳にたこができた。
「不景気」という言葉を聞かない日はない。
まして、響きは毒々しい。
毒気を帯びた社会で生きていく私たちは
何にあたり何を求められるのか?

今の私たちとは?

イメージで言えば糸を張り、獲物がかかるのをじっと待つ蜘蛛。
攻撃的ではなく保守的。確実に獲物を捕らえる姿勢。

私たちに求められるモノとは?

糸の間隔が広ければ小さな獲物がすり抜け、
獲物が大きすぎると糸が耐えきれず切れてしまう。
獲物がかからなければ張る場所を変え、形状を変え、
生き延びる為に経験を重ね、知識を貯え、時に自らを危険にさらす。
また、ある時には、雨・風にさらされる状況を乗り越え。
ただ貪欲に。大小問わず獲物を逃さぬ姿勢を。

だからこそ、デザイン性のある糸を張る蜘蛛は、魅力を放つ。
捕獲の美。
細かく美しく、強度ある糸を張る攻撃的な姿勢こそが必要なのでは。

無駄なモノとは?

デザイン性のない古くなった糸。
闇雲に張り巡らされた計画性のない糸。
新たな場所へ仕掛けようとしない姿勢。

私目線。

毒気を帯びた社会は蜘蛛の生態と似ている。
蜘蛛の社会性は単独生活、肉食性であるから当然のことと考えられる。
獲物が捕れない責任は自分へ降りかかり、それが続けば死あるのみ。
それぐらいストイックな社会なのだ。
しかしながら、人間社会において単独行動だけではこの毒社会は乗り越えられない。 唯一存在するならば、スパイダーマンぐらいだろうか?

個の張る糸が重なり、大きな獲物を確かに捕らえる。
誰かの逃した獲物を粘着性の強い誰かの糸で補う。
ストイックな社会ではお互いの糸が頼りなのだ。
無駄なモ ノを削ぎ落とし、求められるモノを身に付けた集団を形成する。
共に働く仲間に出会えた運命の糸を信じ
「仕事」ではなく「志事」として糸を張れ。

Twitter


愛された記憶は
いつもどこか透明。
こうはなりたくないものだ。


寄せ返す波のしぐさに
全て身をあずけていいと
思えるほどの
男でいたい。


待ち合わせ時間より
早く到着するのは
君のことを考える時間が
欲しいから。


腹八分目の適量を
未だに掴めず
満腹に苦しむ。


みんなシャカシャカの
トレンチコートばっかり着てる
そのくせ
普通じゃない人や生活に憧れもつ
スタンダードってなんですか?


ロン毛にしよ。


ビリってお尻の部分裂けて以来
スキニーパンツ履かんくなった。
それ以来、体型が緩んできた。
チクショー。。
って弱音を吐くようになった。
はき方が変わった。


29歳になるとき 自分に誓った。
ラスト20代 悔いなく
未来への投資と考えて
翔け抜けると。
責任を背負うと 保守的になる。
自ら 苦境な環境に身を投じ
全身全脳を鍛えあげ よじ登らないとな!
自分への誓いと
家族への愛を味方につけて
プレッシャーと戦うぞ!

物を見る角度を変える術。


愛して傷付いて、また抱き合う。
そうして2人で生きていきましょう。
命の最後の一雫まで、
あなただけ、あなただけ、あなただけ。
愛してる。


「伸びしろ」を与える教育を心がけよう。


与える人間と 与えられる人間
そして、
その、 どちらでもない人間
僕は少し 大人になってる


自分の頭の中だけにあって、
人の頭の中に無いものって、
なに、、


仕事の話をすると、
全くもって、
面白くない相手。
いつも言いたくなる。
その仕事の中に、自分がいるか?
細部にまで自分が宿るほどに、
エネルギーを注ぎ込めてるか?
自問自答してみろって。
いざという時に
人間の厚みが現れる瞬間、
自分にこだわった人間は 強いぞって。


僕はよく、大口をたたく。
みんなが笑うほど、大げさなことを、やってやるって。
僕は弱い人間。
だから、人一倍、大口をたたく。
逃げ道を作らないために、自分で自分を追い込むために。
出来そうもないことを、やってのける。
有言実行で在り続ける。
それが僕のプロフェッショナル

言葉

小さな頃から

「言葉」

に興味があった。

話すことも 聞くことも。

読むことも 書くことも。

ものココロ ついた頃から

ラブレターに添えたくなるような

フレーズを探して 生きている。

ロマンチックなんだと思う。

風変わりな男だってことも

ここ最近 理解できた。

「言葉探し」。

僕を 僕たらしめる

大切な

ひとりあそび。

MDNデザイナーズファイル2015

「MDNデザイナーズファイル2015」
2月10日に発売されました。
吉田翔一(ハロウィンデザインオフィス)も掲載されています。

2012年に独立したとき、
この本に掲載されることを
一つの目標としていました。

一つひとつの仕事に対して妥協せず、
真剣に向き合ってきた結果、
今の僕、ハロウィンがあります。
過去の自分に感謝できるよう、
現状に満足せず、
困難で険しい道を楽しみながら進みます!

毎日がワクワクと
ドキドキです!

応援してくださる皆さま、
こんなにも夢中になれるデザインを
叩き込んでくれた師匠・先輩方に
心から感謝します!!

本屋にお立ち寄りの際は、
ぜひご覧ください!

MDN_YOSHIDA MDN_YOSHIDA2